葬式をする時のマナーや準備の進め方とは?

葬式をする時のマナーや準備の進め方とは?

箱を持つ人

日程の決め方

希望する葬式があること、菩提寺のご僧侶の予定がある場合、火葬場の空き状況などで日程の決め方が違ってきます。例えば、一般葬儀や家族葬の場合は、通夜や告別式をします。しかし、それを行なわず、火葬のみをするケースだと早く終了します。別のやり方では、通夜をせず告別式と火葬のみという一日で終了する葬儀もあります。そのため、日程の決め方は葬式のやり方によって異なるのです。

線香

葬式に不可欠なもの

遺族側がやらなければならない事は、僧侶へのお礼状の準備、車代、御膳料などです。弔問に訪れた方には、お香典返しの品を準備しましょう。

女性

効率よく動く方法

参列者も、そして遺族側も葬式を行なう際は、正しい知識を持って参列することが大切です。遺族側の場合、参列者への対応が待っているのでとても大変です。通夜をする場合は、スムーズに式を行なえるよう、誰が何をするか役割分担をしておく必要があります。

葬式

遺族側が準備すること

通夜に出す料理の数を葬儀社に伝えたり、内容を決めたりするのも遺族の仕事です。また、供花も葬式を行なう前に必ず注文をしてくださいね。門真市や他の葬儀社が設ける注文に締切日はそれぞれ違います。

家族葬と葬儀場のマナーの違い

家族葬の場合

一般葬と違い、参列者が親族のみなので、参列できない方の想いを配慮しなければなりません。家族葬で見送った後も電話やはがきを使って報告する義務があるでしょう。

葬儀場の場合

家族葬は全く違い、故人と生前お付き合いがあった人を呼び、式を行ないます。また、故人に代わって挨拶をするので、おもてなしやしきたりを重視する傾向にあるでしょう。そのため、遺族側も、葬式のマナーを熟知しなければなりません。

広告募集中